2012年05月28日

多米峠と宇利峠

多米峠で測ってみました。
まずは、豊橋側トンネル手前パーキングのトイレ脇付近です。

20120528多米峠豊橋側00.jpg


そして、湖西側トンネル手前の場所で測ってみました。

20120528多米峠湖西側00.jpg






そして場所を移動して、宇利峠途中の三ケ日側路肩で測ってみました。

20120528 宇利峠三ケ日側00.jpg

宇利峠の三ケ日側路肩は、当初の予想より放射線量率が低くて、電源を入れ直して測りなおしたり、時間を長く計ってみましたが、数値はこれ以上増えませんでした。
新城側の宇利峠登り口も0.02μSv/hでした。


自分的には東方向から放射性物質が飛んできたかと思っていましたが、多米峠も宇利峠も明確な差はありませんでした。
そして、宇利峠の放射線量率が予想以上に低かったことが意外でしたね。
地質的な自然放射線の具合もあるのでしょうけど。


測定結果は、みんなで作る放射線量マップと、測ってガイガーへ登録してあります。












ラベル:放射線量
posted by sinjinya at 13:00| 愛知 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 出張測定 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック